メニュー 閉じる

ホーム

令和3年度機動職業訓練 受講者募集のご案内

1.訓練科目  「建築施工科」

2.訓練期間  令和4年1月7日(金)~令和4年3月23日(水)

3.訓練時間  300時間

4.訓練対象者 季節労働者の方で、雇用保険特例一時金受給資格者

5.定   員 10人

6.募集期間  令和3年11月2日(火)~令和3年12月2日(木)

7.入学方法  書類審査(提出書類による選考により合否を決定します。)

8.受講者決定 令和3年12月17日(金) 本人宛に送付します。

9.委託予定先 (一社)檜山地域人材開発センター運営協会

江差町字南が丘7-172

詳しくは、下記をご覧ください。

令和3年度機動職業訓練「建築施工科」の学生募集

 

 

令和3年度 冬季技能講習

1.車両系(整地等)運転技能講習 令和4年1月15日~1月16日(2日間)

2.フォークリフト運転技能講習  令和4年1月11日~1月14日(4日間)

3.玉掛け技能講習        令和4年1月17日~1月19日(3日間)

4.小型移動式クレーン運転技能講習令和4年1月20日~1月22日(3日間)

募集定員

車両系(整地等)運転技能講習  5名

フォークリフト運転技能講習   6名

玉掛け技能講習         6名

小型移動式クレーン運転技能講習 6名

  • 講習場所  檜山地域人材開発センターまなびっく 檜山郡江差町字南ヶ丘7-172
  • 受講料   季節労働者の方は受講料を全額助成します。(交通費や宿泊費等の経費は受講者負担)
  • 受講料助成の条件  江差町・上ノ国町・乙部町・厚沢部町・奥尻町にお住いの方で、現在季節労働者として働いている方。または以前に季節労働者として働いていて、令和2年4月1日以降に離職された方。
  • 申込方法  助成対象となるかを確認させていただきますので、まずは事務局までお問い合わせください。申し込みの際には身分証明書(運転免許証、健康保険証など)及び受講対象者(季節労働者)と確認できるもののコピーを提出していただきます。

助成対象者

現在雇用されている方  雇用保険の被保険者種類が「短期雇用特例被保険者(2または3)の方はA.雇用保険資格取得等確認通知書(被保険者通知用)・雇用保険被保険者証、B.雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票による回答書のA.B.いずれかを提出してください。

現在離職中の方

  1.  離職直前の雇用保険の被保険者種類が「短期雇用特例被保険者(2または3)」として雇用されていた方(令和2年4月1日以降に離職された方)
  2. 離職直前の雇用保険の被保険者種類が一般の被保険者(1または9)であり、失業給付の受給資格を満たしておらず、前々職の雇用保険の被保険者種類が「短期雇用被保険者(2または3)」として雇用されていた方。(令和2年4月1日以降に離職された方)

1.2の方はC.雇用保険被保険者離職票(1.2)、D.雇用保険特例受給資格者証、E.雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票による回答書のC.D.Eのいずれかを提出してください。

 

併せて一般の募集も行っておりますので、

詳しくは「檜山地域人材開発センター(まなびっく)」へお問い合わせください。

檜山地域人材開発センター(まなびっく)

TEL:0139-52-0160

<講習内容>

1.車両系(整地等)運転技能講習 14時間コース

  • 大型・中型・準中型または普通自動車運転免許があり、小型車両系特別教育を修了後、小型車両系建設機械の業務経験が3か月以上ある方(申込書に事業主の経験証明書が必要です)
  • 大型特殊自動車運転免許がある方

機体質量3トン未満の車両系建設機械のうち「整地・運搬・積み込み用」及び「掘削用」の機械で動力を用い、かつ不特定の場所に自走できるものの運転(道路上を走行させる運転を除く)の業務に労働者を就かせるときは、安全または衛生のための特別な教育を行わなければならないことを義務付けられています。

2.玉掛技能講習

制限荷重1トン以上の揚貨装置、または吊り上げ荷重1トン以上のクレーン/移動式クレーン/デリックの玉掛の業務

19時間コース

  • 玉掛補助作業等の経験のない方

15時間コース

  • 玉掛補助作業等の経験はないが、クレーン/移動式クレーン免許所持者、または小型移動式クレーン技能講習等を修了した方。(修了証のコピーが必要です)

3.小型移動式クレーン運転技能講習

吊り上げ荷重1トン以上5トン未満の移動式クレーン/積載型トラッククレーン他

 

20時間コース

  • 未経験で他の資格がない方

16時間コース

  • 玉掛または床上操作式クレーン技能講習を修了した方
  • クレーン運転士免許を所持している方

4.フォークリフト運転技能講習

最大荷重1t以上(上限なし)

31時間コース

  • 普通・大型・大型特殊(限定付き)免許所有している方

11時間コース

  • 大型特殊自動車運転免許所有者(経験不要)
  • 普通・大型・大型特殊(限定付き)免許を所有し、1トン未満のフォークリフトの特別教育を修了し、修了後3か月以上の実務経験のある方(経験証明、特別教育修了証が必要です)

 

 

 

 

 

 

令和3年4月12日

令和3年度は下記の事業を行います。ぜひご利用ください。

1.雇用確保に係る事業

国や北海道の助成制度の説明や利用事例の紹介、多角経営化などによる通年雇用化の成功事例紹介など、季節労働者の通年雇用化への理解を深めていただくために事業所向けのセミナーを開催します。セミナーの内容については今後検討していきますので、ご希望の講演テーマがありましたら、事務局までご意見をお寄せください。

 

通年雇用が可能な就労環境を整えるための対応策や国等の助成制度の活用方法、経営相談等のアドバイスを行うため、社会保険労務士による講演と相談会を開催します。

2.就職促進に係る事業

季節労働者の方を対象に安定した就労環境で働くことのメリットを理解していただくことや、今後の職業選択などについてアドバイスを行うセミナーを開催します。

季節労働者の方にとって、多様な技能資格を持っていることが通年雇用化につながる1つの手段となります。協議会では、当地域内で出張講習が可能な機関に委託し技能講習を開催します。

受講可能な講習

・車両系建設機械運転技能講習

・小型移動式クレーン運転技能講習

・フォークリフト運転技能講習

・玉かけ技能講習

3.情報提供事業

1.南檜山管内の季節労働者の雇用状況や各種事業の紹介など、通年雇用促進支援事業の周知と季節労働者の通年雇用化の促進のため、雇用促進支援員が事業所を訪問します。

2.季節労働者の雇用状況や、通年雇用への意思確認等を含めたアンケート調査を実施します。

 

4.職場体験実習事業

季節労働者の方が通年雇用を希望したとしても、これまでの経験から他の業種へ転職することに不安を感じ、ためらうケースがみられます。季節労働者の方に異業種の職場を体験してもらい、不安の解消とその仕事の適性を判断してもらうための取り組みです。季節労働者の方で、異業種への転職を考えている方はぜひご利用ください。

また、事業所にとっては体験実習を通じ実習者の能力や適性の判断、事業所の魅力や不足している点などを再確認できる機会となると思います。また、受け入れ日数に応じ、協力謝金をお支払いします。ぜひご利用ください。

 

 

 

ハローワークえさしが発行しているハローワークガイドを掲載しております。お問い合わせ等については「ハローワークえさし」へお願いします。

ハローワークえさし

檜山郡江

差町字中歌町167番地

TEL0139-52-0178

FAX0139-52-0973

 

令和3年11月26日(金)

令和3年11月25日発行(一般)①

令和3年11月25日発行(一般)②

令和3年11月25日発行(一般)③

令和3年11月25日発行(一般)④

令和3年11月25日発行(一般)⑤

令和3年11月25日発行(一般)⑥

令和3年11月25日発行(一般)⑦

令和3年11月25日発行(パート)①

令和3年11月25日発行(パート)②

令和3年11月25日発行(パート)③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年11月26日

令和3年11月15日発行のハローワークガイドを掲載しました。(最新版掲載のため削除しました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年4月26日

3月16日に労働者向け通年雇用支援セミナー「Withコロナと労働管理」を開催しました。

 

労働者向け通年雇用支援セミナーについて

「Withコロナと労働管理」を3月16日(火)13時30分から開催しました。

新型コロナウィルス感染症の影響で、「人」と「企業」の在り方、そして「働き方」も変わり  つつあります。感染防止対策や感染時の対応、働き方の変化など、コロナ禍において注意すべき事項などをわかりやすく解説いただきました。

 

 

 

令和3年5月19日

3月9日に事業所向け通年雇用セミナー『新型コロナ感染症問題に対応した雇用の実務』を開催しました。

 

 

 

事業所向け通年雇用支援セミナーについて

「新型コロナウィルス感染症問題に対応した雇用の実務」を3月9日(火)13時30分から開催しました。

新型コロナウィルス感染症による労務トラブルと企業責任、コロナ時代の安全配慮義務、ウィズコロナの企業対策等を中心にお話しいただきました。

セミナー終了後に続いて、「助成金活用等相談会」を開催しました。